基幹クラウド基盤構築サービス

SAPを中心とした基幹システム含めた基幹システムをパブリッククラウド等の最新クラウド上に構築します。日々変わり続けるクラウドの最新技術を取り込むことを前提とすることで、常に最新のクラウド基盤を構築します。

SAPシステムを軸に基幹クラウド基盤を構築することによるメリット

全てのお客様が最初に検討するテーマですが、お客様の声をまとめると下記の通りです。

  • 先進的なIT技術はクラウドをベースに展開されており、最初に基幹システムを持っていくことで、最新の周辺ソリューションが適用しやすくなり、効果も出やすい
  • SAP環境は比較的規模が大きいこともあり、基盤コストの削減効果が出やすい
  • SAPシステムは稼働要件等が厳しく定義されており、最初にクラウドに持っていくことで技術的要件が精査された結果、それ以外のシステムを移行する際の技術要件の精査が可能
  • 情報システム部門の役割の変化(事業部門と協調した成果創出など)への対応策としてクラウド対応人材の育成

「スモールスタート」で始めるのか「全部のせ」がいいのか

比較検討

SAP基幹システムを前提にした場合には下記のパターンが一般的ですが、BeeXのコンサルタントは豊富な経験と実績を基にお客様に最適なアプローチでクラウド移行を支援します。

「スモールスタート」型
検証機、開発機、サンドボックス環境をクラウドに構築上に構築します。
関連子会社、海外拠点向けの比較的小規模なSAPシステムをクラウドに移行します。
「全部のせ」型
クラウド上に共通基盤を構築し、SAPを含めた各種基幹システムを全て移行します。
構築当初から全システム稼働を前提した基盤設計を行うことで、従来システム毎に実施していた設計コストや作業負荷を削減します。

システム全体の共通ビジョンの必要性

ビジョン

まずはSAPシステムだけをクラウドに乗せることを実際に検討し始めるケースが多いのですが、検討をするにつれて必ず出てくるテーマがシステム全体に対するビジョンの必要性です。
パブリッククラウドに対する理解が進み、その使いこなしや特性に慣れるにつれ、最新の技術が最初に実装されるパブリッククラウドが持つ最新機能やスピード感を生かすことのメリットを実感することができます。
その結果、システム毎に個別最適化していた従来からのやり方ともバランスを取りながら、貴社にとって最適な新しい共通基盤のあり方を弊社コンサルタントとともに探ることになります。

Beexの強み
弊社はクラウド黎明期からクラウドとSAPの両方に長く携わってきた技術者の集団であり、従来からのやり方とクラウドならではの新しいやり方両方を理解した上で、よいところを組み合わせることに長けたコンサルタントにより、最適なソリューションをご提示することを得意としております。

サービスについてのお問い合わせ

貴社基幹システムのクラウド移行に関するご相談が御座いましたら迷わずご相談ください。
SAPのテクニカルコンサルタントが課題解決のご提案をさせて頂きます。

問い合わせフォームに進む