ニュースBeeX主催「DX推進に求められるITインフラとセキュリティとは」ウェビナー再開催が決定!

2021年7月12日

株式会社BeeX

「DX推進に求められるITインフラとセキュリティとは」ウェビナー

  好評につき、6月4日に開催したウェビナーの再配信が決定いたしました! 前回ご参加が叶わなかった方も、ぜひこの機会にお申し込みください。

リモートワークが進む中、オンプレミスからクラウドサービスを 利用したIT環境の導入・移行が進んでいるなかで、 環境が変わってもクラウドサーバーからクラウド上のアプリケーションまで、トータルでセキュリティ調査・診断し、 適切な対策を立案・実行することが求められます。 クラウドサービスの特性や業務によって異なる様々なITリスクを理解し、最適なセキュリティ対策の 立案や運用体制を構築し、お客様が安心してデータやインフラを扱い、ビジネスに集中できる環境作りを 支援するための、セキュリティの仕組みやサービスについてご紹介いたします。

1.開催概要

タイトル DX推進に求められるITインフラとセキュリティとは
日時 2021年7月28日(水) 13:00 ~14:00
形式 Webセミナー
参加費用 無料(事前登録制)
主催 株式会社BeeX
お申込 詳細ページへ

2.アジェンダ



時間 タイトル/概要  登壇者
Session 1
13:00-13:20
「DX推進で求められる クラウドとセキュリティの選択肢」

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、デジタル技術を活用し、企業の競争力の競争優位性を高めていくことが、求められています。 DXを推進するために、クラウドへの移行に取り組み、どのようなセキュリティ対策を講じるべきか。市場の動向を俯瞰しながら、その選択肢について、解説します。
NTTコミュニケーションズ株式会社
林 雅之氏
Session 2
13:20-13:40
「DX Readyプラットフォームのためのセキュリティ」

企業がDXを推進するために必要なDX Readyプラットフォームへの移行とプラットフォームを構築する上で必要なセキュリティの勘所について、 BeeXがこれまで培ったノウハウをベースにわかりやすくお伝えします。
株式会社BeeX
デジタルプラットフォーム本部 本部長
緒方 裕康
Session 3
13:40-14:00
「企業のコンプライアンス&ガバナンスを守る!BeeXPlusの新セキュリティサービス」

BeeXPlusに不正な運用の防止やコンプライアンス準拠への対策機能をサービス追加しました。クラウドセキュリティにおける最大の脆弱性となる「人的な設定ミス」を回避するために、米国国立標準技術研究所 (NIST)が発行するセキュリティガイドラインや、CIS、GDPR、PCIDSS、HIPAA、ISO 27001、日本のFISCなどのコンプライアンスへの対応に加えて、パブリッククラウド運用のベストプラクティスを適用し、継続的な監査と自動的な修復を実現します。
株式会社BeeX
ビジネス開発推進本部営業開発部
アライアンスチーム マネージャー
小崎 史貴

ニュースについてのお問い合わせ

ニュースのエントリにご質問が御座いましたらお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

☎ 03-6260-6240

受付時間 平日9:30〜18:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム