基幹システムを短期間で安全にクラウドへ移行

詳細を見る

基幹システムクラウド化のメリット

  • 更新作業のコストが皆無
    従量課金によるコスト削減

    必要なときに必要な分だけ、システムリソースを迅速に調達できます。

  • セキュリティの統制権を保持
    H/Wライフサイクルからの解放

    5年毎のH/W保守切れに伴うサーバリプレイスが不要になります。

  • 業務効率の向上
    セキュリティ強化と現実的なBCP実現

    厳しいセキュリティ標準規格をクリアしつつ、最新技術を搭載し続けるクラウド上で現実的なBCPを実現できます。

サービスを見る

BeeXが考える次世代ERP像

クラウド連携による「ポストモダンERP」により、ビジネス環境の変化に柔軟かつ俊敏に対応

ポストモダンERP

ポストモダンERPの詳細を見る

導入事例

  • ドーム様

    ドーム様は、リアルタイムプラットフォームの実現を目指し、基幹システムをAWSへ移行。BeeXでは、高速インスタンスにより5TBに近い巨大なデータをダウンタイムわずか12時間で移行させました。

  • AGC旭硝子様

    AGC旭硝子様は、基幹システムのインフラ基盤としてAWSを全面的に採用。BeeXでは、AWS上でSAPを含む各種の基幹システムをスピーディに展開するために、AGCグループ共通の統合インフラ基盤の設計・構築・運用保守サービスを提供しています。

  • HOYA株式会社様

    HOYA様では、世界に先駆けて自社のSAPシステムをAWS上で稼働しておられます。
    BeeXでは、SAPおよびAWSをワンストップ運用保守サービスを24時間365日体制で提供しています。SAP on AWSのシステム安定稼働と継続改善に貢献しています。

導入事例を見る