BeeXのカルチャー
Culture

Culture

技術に対する尊重

会社全体が技術や技術者を大切にしています。
社員は皆フレンドリーで親切、そして「技術」が大好きです。
新しいことにチャレンジすることを尊重しており、最新の技術を学び身に着けそして社会に貢献できる最高の職場であり、技術者にとっては無限の選択肢があるともいえます。チャレンジには当然苦労がありますが、それをお互いに支え合う仲間や頼れる先輩がいますし、スピード感をもって自律的な取り組みをするための環境があります。
入社後にこれを実感することのひとつに、現場で起こった技術的な課題や問題に対する対応策に対して、極めて合理的な判断が即座に下されるということがあげられます。
「もう決まったことだから」、「社内手続きに時間がかかる」、「机上論のみでリスク回避」といった、技術者にとって忸怩たる思いはBeeXではありません。技術的な問題は技術で即座に解決するという、技術者にとっては当たり前の世界がここにはあります。
BeeXが名だたる大手企業と渡り合える競争力の源泉はこのあたりにあるのかもしれません。

With Customer

中小のIT企業といえば大手SIerの下請けのイメージが強いですが、BeeXではお客様との直接取引が中心となっているのが特徴です。必然的にお客様と直接対話する機会が多くなりますが、長年この分野に携わってきた敏腕コンサルタントが集結していることもあり、会社規模から想像する以上の高品位なサービスを提供し、現場から高い評価を頂いています。「With Customer」とは一般的には「お客様志向」とか「お客様に寄り添う」と表現されますが、価値あるシステムインテグレーションを追求する我々にとっては、単純に「お客様の言われたとおりに作業をこなす」とか「ご用伺い」という意味では決してありません。綿密なヒアリングを行い、お客様と一緒に課題を見つけ、自ら解決していくといった地道な改善プロセスを現場で重要視しており、BeeXの技術者の肩書きが「コンサルタント」になっているのも、この思いが背景にあります。文章で書くと簡単ですが、実際にやるのは困難なことです。しかしこれを地道に続けることが、お客様の満足度を高めるとともに、従業員の大きな達成感に繋がっています。

個人の成長が会社の原動力

様々な背景を持った技術者がBeeXにいます。
得意な分野は千差万別ですし、BeeXが携わる分野の仕事に関しては未経験で入社されている方もいます。彼らに共通しているのは「自身の成長」に対する強い願望があり、そのために互いに切磋琢磨するための協力を惜しまないことです。
クラウドはまだ進化の途中であり、既存技術は数年後には陳腐化することが当たり前の世界においては、個人が成長し続けることが、BeeXの原動力になることはいうまでもありません。また、個人で追従できる技術には限界がある中で互いに助け合い、さらなる可能性を探求する楽しさは、技術者にとって格別の喜びでもあります。

Join our team !

BeeXの更なる発展を共に担い、チャレンジできる仲間を募集しています