研修・育

BeeXでは「クラウド」や「SAP」が未経験でも十分活躍できます。「クラウド」は新しいテクノロジーを貪欲に取り込み、日々進化し続けるのが特徴です。「SAP」に関しても同様で、SAP S/4HANAに代表される新しいプラットフォームの適用はまさにこれから。今までにない新しいテクノロジーを習得するのに、ご自身の経験は当然役に立ちますが、必須ではなく、むしろ未知のテクノロジーへの好奇心や柔軟な対応力が重要と我々は考えています。

少人数チーム

BeeXでは、少人数のチーム制でお客様プロジェクトを担当して頂くことになります。ワンフロアで社員同士の距離が近しいこともあり、何か困ったことがあれば、近くのエンジニアに気軽に相談することができます。また、コンサルタント毎に得意分野がありますので、チーム内で足りない技術分野があれば、チーム外で補完し合うことも日常的に行われています。まだ、経験が浅い技術者の場合は、先輩コンサルタントのリードの元、OJTベースでスキルアップして頂くことが可能です。

潤沢な技術情報

進化し続けるテクノロジーに追従するために必要となる「技術情報の入手」に関しては、業界随一を自負しています。長年この分野に携わってきた敏腕コンサルタントが多く在籍しており、最新の技術情報をタイムリーに入手することができます。また、社内では最新テクノロジーを活用したプロジェクトが常時複数走っており、最新情報や、プロジェクト成果はリアルタイムで共有できる仕組みが整っていますので、実装面で困ったことがあれば、コンサルタント全員が助け合っています。

コア技術者との良好なリレーション

製品ベンダーのエンジニアリング部門の担当者など、技術のコア部分に近しい技術者と良好な人的リレーションを多数保有していますので、最新技術動向や将来の製品ロードマップなどは早期にキャッチアップできます。また、先進技術検証の結果報告や使いこなしに関するフィードバックなども現場で積極的に行っており、双方向の技術コミュニケーションができているのも特徴です。

スペシャリスト制度

大きく分けて、2通りのキャリアパスがあります。

一つはマネジメントする組織を大きくしていく、つまりリーダー、マネージャー、部長、部門長というような自分がマネジメントする組織を徐々に大きくしていくキャリアです。

もう一つは、自分自身の技術を磨いていくエンジニアを極めていく方向。つまり、部下やメンバーをもつのではなく、自分自身の技術スキルをたかめ、その道の第一人者となるべく切磋琢磨するキャリアです。

柔軟なキャリアパス

本人の希望によるキャリアパスの変更も当然可能です。

日々新しいテクノロジーが登場し、それを積極的に活用した各種タスクが走っていますので、様々なキャリアパスを描くことができます。

みなさんの志向に応じて柔軟なキャリアパスを選択することができます。

資格取得の推進

弊社規定にある資格であれば取得費用は会社が負担します。

一部の資格には報奨金がもらえる資格もあり、会社として全面的に資格取得をサポートしています。

自主的に開かれる勉強会

定期的にコンサルタントが集まり、自主的な勉強会が開かれています。

プロジェクトで得た知見の共有や、最新技術の評価結果、ツールの使いこなしやビジネススキルまで幅広く勉強会が行われており、自然とスキルが身につく環境です。

ときには海外出張も

年に一度ラスベガスで開かれるAWS re:Inventに参加しています。

昨年は4名参加していましたが、今後は同様の機会をさらに多く設けることで、より多くのエンジニアに本場の最新テクノロジーを肌で感じながら、学んで頂きたいと考えています。

ご応募は以下よりお進みください。