サービスクラウドネイティブアプリ開発

「クラウドネイティブアプリ開発」とは?

クラウドの利点を最大限に生かしたアプリケーションを開発することです。

エンタープライズアプリ開発
エンタープライズアプリイメージ
既存事業の改善
数年毎の更新
時間をかけたテストとリリース
パッケージアプリケーション
ウォーターフォール開発
IT-centric
(ITが中心)
クラウドネイティブアプリ開発
クラウドネイティブアプリイメージ
新規事業の創出
週単位の更新
週単位の機能リリース
カスタムアプリケーション
アジャイル開発
Business-centric
(ビジネスが中心)

クラウドの利点とは?

俊敏性
俊敏性イメージ
インフラリソースを共有するクラウドでは、クラウド提供元にインフラ構築・運用を任せることができるため、すぐにシステム構築に着手することができ、素早くシステム構築することができます。
拡張性
拡張性イメージ
クラウドでは、必要な時に必要な分のリソースをすぐに利用できます。このため、最初は最小限のリソースでスモールスタート)し、必要に応じて柔軟にリソースを拡大もしくは縮小することができます。

BeeXの強み

設計時に
自動化を組み込む
自動化イメージ
システムにおいて自動化は常にベストプラクティスの1つであり、自動化されたプロセスは、人間よりもはるかに速くシステムの修復やスケーリング、デプロイできます。
状態を
スマートに処理する
スマート処理イメージ
可能なかぎりコンポーネントをステートレスにするようにシステムを設計することで、スケーリングを容易に実現するとともに、問題発生時の修復作業を改善します。
マネージドサービス
の選択
マネージドサービスイメージ
マネージドサービスは時間を大幅に節約し、運用上のさまざまなオーバーヘッドを取り除いてくれます。ビジネスにおける競争力向上のためのスピードを向上します。
多層防御を実践
多重防御イメージ
インターネット接続を前提としているため、常に外部からの攻撃に対処するために各コンポーネントの間で認証を要求する多層防御のアプローチを採用します。
アーキテクチャを
常に考える
アーキテクチャイメージ
組織のニーズが変わり、IT の環境が変わり、クラウドプロバイダー自体の能力が変わるのに応じてシステムのアーキテクチャを洗練させ、単純化し、改良し続けます。

お客様事例

クラウドネイティブアプリ開発サービスの流れ

アジャイル開発手法によるサービス開発イメージ

アジャイル開発手法によるサービス開発イメージ

アジャイル開発手法を採用したプロジェクト推進体制

アジャイル開発手法を採用したプロジェクト推進体制

クラウドネイティブアプリ開発についてのお問い合わせ

エンタープライズシステムまたはSAPシステムのクラウド移行・環境構築に関するご相談が御座いましたら
お問い合わせください。弊社テクニカルコンサルタントが課題解決のご提案をさせて頂きます。

お電話でのお問い合わせ

☎ 03-6260-6240

受付時間 平日9:30〜18:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム