BeeX Technical Blog

  • 316
  • Yusuke

SAP JCoとAWS Lambdaを利用したSAP ABAPとAWSサービス間の連携

AWSのサービスには毎日多くのアップデートがあり、ますます便利なサービスになってきています。

例えば自社のSAP ERPをこれらのAWSサービスと連携させたい場合にはどのような方法があるでしょうか。

通常、このような要件で挙げられるコンポーネントとしてはSAP Gatewayというものがあります。

ただ、この記事ではSAP Gatewayではなく、SAP JCoというコンポーネントを利用してSAPとAWSサービスとの連携をする方法を書いていきます。

SAP JCoとは

SAP JCoはSAP Java Connectorの略で、SAP社から提供されているJavaライブラリの名称です。

SAP JCoを使うことで、JavaのプログラムとSAP ERP等 Netweaver ABAPを基盤としたシステムと連携をすることが可能になります。SAPと外部システムと繋ぎ、連携させるためのコンポーネントとして、多くの実績を持っています。

AWS Lambdaとは

AWS Lambdaはサーバー無しで任意のプログラムを実行できるサービスです。あるAWSサービスで発生したイベントを起点として、任意の処理を実行することが可能なので、サービス間連携に利用されることも多くあります。この特性からサービス間をつなぐGlue(のり)と表現されることもあります。

 

SAP JCoとAWS Lambdaを組み合わせる

SAP JCoとAWS Lambdaを組み合わせて利用することで、既存の構成にほとんど手を入れることなく、SAP ABAPシステムと、AWSサービスとの連携ができます。スモールスタートにも適した方法の一つだと考えられます。

こちらの記事では、SAP JCoを利用して、AWS LambdaからSAP Netweaver ABAPへの接続する実際の技術的な話を説明しています。