SAP Business Suite 7の保守期限延長まとめ

この記事を書いたメンバー:

Hiroko

SAP Business Suite 7の保守期限延長まとめ

目次

[速報]SAP Business Suite 7 の保守期限を2027年末まで延長

で、SAP Business Suite 7等の延長サポートについて記載しましたが、以下のようにまとめました。(2020年2月24日時点)

2020年2月4日、SAP SEは、SAP S/4HANAの2040年までのサポートと、SAP Business Suite 7の2027年までのサポートの延長を発表しました。

このタイトルを見る限りでは、いわゆるERPにおける2025年問題が、2027年へと延び、2年間の猶予ができたという印象を持ってしまいますが、果たして本当にそうなのでしょうか。少し掘り下げてみましょう。

まず、SAP Business Suite 7とは、どんな製品群を指すのかを列挙しました。

SAP ERP 6.0
SAP Customer Relationship Management 7.0 (CRM)
SAP Supply Chain Management 7.0 (SCM)
SAP Supplier Relationship Management 7.0 Applications (SRM)
SAP Business Suite powered by SAP HANA

です。

それでは、使用ユーザの多いERPに関して、見てみましょう。

製品名メインストリーム期限延長サポート期限
EHP 1 FOR SAP ERP 6.0
2025年12月31日
---
EHP 2 FOR SAP ERP 6.0
2025年12月31日
---
EHP 3 FOR SAP ERP 6.0
2025年12月31日
---
EHP 4 FOR SAP ERP 6.0
2025年12月31日
---
EHP 5 FOR SAP ERP 6.0
2025年12月31日
---
EHP 6 FOR SAP ERP 6.0
2027年12月31日
2030年12月31日
EHP 7 FOR SAP ERP 6.0
2027年12月31日
2030年12月31日
EHP 8 FOR SAP ERP 6.0
2027年12月31日
2030年12月31日
SAP ERP 6.0
2025年12月31日
---

2027までメインストリームサポート期間が延びたものは、ERP 6.0 EHP 6以降の製品ということができ、ERP 6.0の全バージョンとは言えないことがわかります。

SAP Note 1648480 によると、2025年以降、最新3つのEHPパッケージのみのサポートとなります。(BS7製品群)

SAP の製品サポート延長の基準は、上記製品のコアとなる、NetWeaverのバージョンに依存しています。

ABAP
NetWeaver Release
Short Reference メインストリーム延長サポート
SAP NetWeaver 7.5
7.50
2027年12月31日
2030年12月31日
SAP NetWeaver 7.4
7.40
2027年12月31日
2030年12月31日
SAP NetWeaver 7.3 EHP 1
7.31
2027年12月31日
2030年12月31日
SAP NetWeaver 7.3
7.30
2020年12月31日
(なし)
SAP NetWeaver 7.2
7.20
2020年12月31日
(なし)
SAP NetWeaver 7.1 EHP 1
7.11
2020年12月31日
(なし)
SAP NetWeaver 7.1
7.10
2020年12月31日
(なし)
SAP NetWeaver 7.0 EHP1
7.01
2025年12月31日
(なし)
SAP NetWeaver 7.0 EHP3
7.03
2027年12月31日
2030年12月31日
SAP NetWeaver 7.0 EHP 2

7.02 
2025年12月31日
(なし)

次に、Solution Manager 7.2についてみてみましょう。

Solution Manager 7.2は、FPS9以降のみが、2027年12月31日までのサポートとなります。
(SAP Note 2787227, 2859338)

SP Levelメインストリームサポート延長サポート
Solution Manager 7.2 FPS 08 以前
(なし)
(なし)
Solution Manager 7.2 FPS 09
2027.12.31
2030.12.31
Solution Manager 7.2 FPS 10
2027.12.31
2030.12.31
Solution Manager 7.2 FPS 11
2027.12.31
2030.12.31 

Unicodeに関してみてみましょう。

SAPは、NetWeaver 7.0 SR3以降、新規インストールにおいて、Non-Unicodeでのシステム構築はできないようなっております。
既存システムのアップグレードに関してのみ、NetWeaver  7.4まではNon-Unicode環境をサポートしています。例えば、対応している最新のSAP ERP 6.0は、EHP 7です。
最新のSAP ERP 6.0 EHP 8は、Unicodeバージョンのみとなります。
SAP Note 2033243, 73606 を参照ください。

しかしながら、昨今のOSや周辺アプリケーションにおいては、Unicodeにシフトしつつあります。そのとこからも、Single-Codepageの方は、早い段階でのUnicode化への検討をすることをお勧めいたします。

また、MDMPシステムに関しては、Based 700 システム以降、サポートしておりません。早々のUnicode化の検討が必要となります。
詳細は、SAP Note 551344, 928729 を参照ください。

以上は、SAP製品からみた視点であり、プラットフォーム(ハードウェア、クラウドなど)、OS、DB、ジョブ管理ツールなどの周辺環境も含めた上で、総合的に判断する必要があります。

最適な移行ロードマップを定義する、ロードマップ作成サービスなども行ってますので、お気軽にお声がけください

最新情報は、SAPのサポート情報等を確認ください。

Press Release
SAP Release and Maintenance Strategy
SAP Support Strategy – Maintenance 2040
SAP Business Suite powered by SAP HANA
SAP Note 2881788
SAP Note 1648480
SAP Note 52505
Product Availability Matrix (PAM)
SAP Note 2033243
SAP Note 73606
SAP Note 551344
SAP Note 928729


カテゴリー
タグ

SAPシステムや基幹システムのクラウド移行・構築・保守、
DXに関して
お気軽にご相談ください

03-6260-6240 (受付時間 平日9:30〜18:00)

  • TOP
  • ブログ
  • SAP Business Suite 7の保守期限延長まとめ