BeeX Technical Blog【詳細手順書公開】SAP Cloud Platform上のセンサーデータをUI5で可視化する

参考ブログ

Visualizing iPhone Sensor Data with SAPUI5

Special Thanks to Author  Anthony McLeod !

デモイメージ

今回は、汀のダッシュボードを作成します。

前提条件

IoT Destinationを作成

SAP Cloud PlatfromCockpitのConnectivity Destinationsを選択します

下記情報を入力してSAVEを選択します。

項目 設定値
Name iotmms
Type hppts
URL https://iotmms<<S-user>trial.hanatrial.ondemand.com/
Proxy Type Internet
Authentication BasicAuthentication
User Sユーザ
Password パスワード
Additional Properties
WebIDEEnabled True
WebIDESystem API
WebIDEUsage odata_gen

登録完了

Check Connectionを選択して接続テストを実施します。

接続テスト成功

SAP Web IDE

SAP Cloud Platform CockpitのServicesタブ SAP Web IDEを選択します。

Go to Serviceを選択します。

SAP Web IDE

File->Import->From File system

ダウンロードしたDashboardInCloud.zipを選択します。

index.htmlを実行します。

Enter Table NameにT_IOT<<メッセージタイプID>>のテーブルを入力してStartを選択します。

テーブルデータが参照できていることがわかります。

View Chartボタンを推して、グラフ描画のインターバルを選択すると、リアルタイムでグラフ化されます。

カテゴリ

タグ

BeeX Technical Blogについてのお問い合わせ

BeeX Technical Blogのエントリにご質問が御座いましたらお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

☎ 03-6260-6240

受付時間 平日9:30〜18:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム