BeeX Technical Blog【re:Invent 2018】Amazon AppStream 2.0 を使って SAPGUIを展開する

SAPユーザー様向けのソリューションとして弊社内で鉄板ネタの一つと言われてきた Amazon AppStream 2.0を用いたSAPGUIの展開ですが、直近までSAPGUIで日本語を表示させるために必須のシステムロケールの変更に対応しておらず、長らく残念感が漂っておりました。それがつい最近、弊社のコンサルタント Takashi がいつの間にか対応済になっていたことを見つけて、(詳細はこちら、AppStream 2.0 がシステムロケール変更に対応しました (2018/11/20現在 AWS 非公式情報)日本でもいよいよかという状況になり、わくわくしています。

早速、re:Invent 2018が開催されているラスベガスにいる Takashi 特派員より、AppStream 2.0のチョークトークの内容を超ザックリwですが、Blogにあげてくれたので、本Blogでもご紹介します。

Amazon AppStream 2.0 とは

完全マネージド型のアプリケーションストリーミングサービスです。デスクトップアプリケーションを AppStream 2.0 で集中管理し、任意のコンピュータのブラウザへ安全に配信できます。ユーザー数無制限で世界中に簡単にスケールでき、ハードウェアやインフラストラクチャの調達、プロビジョニング、運用は不要です。
エンタープライズは、AppStream 2.0 を利用することで、アプリケーションの配信をシンプルにし、クラウドへの移行を実現できます。

関連サービス:SAPシステム移行・環境構築サービス

SAPシステム移行・環境構築サービス

SAPを中心とした基幹システムをパブリッククラウド等最新のIaaS基盤に移行します。2016年3月設立の若い会社ですが、集まってきた精鋭コンサルタントが携わってきた数多くのプロジェクトの経験をもとに、安全かつ確実にシステムを移行します。

詳細を見る

BeeX Technical Blogについてのお問い合わせ

BeeX Technical Blogのエントリにご質問が御座いましたらお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

☎ 03-6214-2830

受付時間 平日9:30〜18:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム