BeeX Technical BlogAWS Backint Agentを使用したSAP HANA Databaseのバックアップ

AWS上にHANA Databaseを構築する場合、バックアップ用のEBSをST1で作成し、そこにファイルとして出力するのが一般的でした。クイックスタートで構築した場合もこの形になっていたと思います。

もう一つの方法として、Backintがあります。Backintはサードパーティ製バックアップツールを使うためにSAP社が提供するインタフェースです。他パブリッククラウドでは実装されていたBackintですが、いよいよAWSも対応しました。

AWS Backint Agent を使用して、SAP HANA データベースを Amazon S3 との間で簡単にバックアップおよび復元する

仕組みはかなりシンプルです。HANA DatabaseにAWS Backint Agentをインストールします。バックアップの取得方法に、Backintを指定すると、Amazon S3にバックアップデータが格納されるという仕組みです。

Amazon S3ってあまり使ったことなかったのですが、ストレージクラスを選ぶことでコスト最適化が可能なんですね。バックアップって毎日とっていますが、リストアする事ってあまりないですよね。低頻度アクセスにすれば、バックアップの耐久性はそのままで、コストを下げることができます。

ちょうど手元に検証用のHANA Databaseがあったので、検証してみました。

準備

AWSから出ているドキュメントはこちらです。詳しくはこちらを参照ください。

事前に準備しておくのは2つだけ。
 ・SAP HANA Database
 ・Amazon S3 bucket

HANA Databaseは下記サポート要件がありますのでご確認ください。
 サポートするOS:
  SUSE Linux Enterprise Server
  SUSE Linux Enterprise Server for SAP
  Red Hat Enterprise Linux for SAP
 サポートするDB:
  SAP HANA 1.0 SPS12 (single node and multi node)
  SAP HANA 2.0 and laer (single node and multi node)

Amazon S3 bucketは、下記ストレージクラスのみサポートされます。
  S3 Standard
  S3 Standard-IA 
  S3 One Zone-IA storage classes

 

今回のポイント

バックアップデータを格納するとき、S3へのアクセスが発生します。
事前にHANA Databaseが稼働するEC2インスタンスにS3にアクセスできるようIAMロールを付けておきましょう。

弊社の環境にはRole_S3FullAccessという便利なロールがあったのでこちらを付けました。実際には必要なbucketに絞りましょう。

 

AWS Backint Agentのインストール/設定

AWS Backint Agentのインストール方法は3つあります。AWS Systems Managerを使う方法、インストーラーを実行する方法(インタラクティブ/サイレント)2種類です。今回はインストーラーをインタラクティブモードで実施しますが、大量のHANA Databaseがある場合はAWS Systems Managerを使うとよいですね。

ドキュメントにコマンドが書いてあります。インストーラをS3からコピーし、インストーラを実行します。インストーラの画面がこちらです。

入力項目はそれほど多くないです。今回検証ですので暗号化はしていませんが、暗号化にも対応しています。

興味深いところは、Modify global.ini file or generate SQL script or do nothingのところです。Backintを使うために、HANA Databaseのプロファイルパラメータの変更が必要になりますが、modifyを選ぶと、インストーラの中で変更してくれます。次の瞬間からもうBackintがつかえます。もちろんログファイルに変更内容は出力されるので安心です。

実際にバックアップしてみる

HANA Studioから実際にバックアップをしてみます。今までのファイルバックアップとの違いはこの部分、Destination TypeをBackintにします。同じです。

バックアップ完了後がこちら。ちゃんと取れてます。

では、Amazon S3ではどのようになっているかというと、こんな感じです。思いのほか階層が深いという印象ですが、BASIS的にはわかりやすい気もします。

 

まとめ

従来のファイルバックアップだと、バックアップ領域に出力後、EBSスナップショットを取っていましたが、AWS Backint Agent for HANAを用いることで、S3に直接バックアップできるようになりました。

既にAWSでHANA Databaseをファイルバックアップ形式で運用されているお客様もAWS Backint Agent for HANAを用いたバックアップに変更することが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

関連サービス:SAPシステム移行・環境構築サービス

SAPシステム移行・環境構築サービス

SAPを中心とした基幹システムをパブリッククラウド等最新のIaaS基盤に移行します。2016年3月設立の若い会社ですが、集まってきた精鋭コンサルタントが携わってきた数多くのプロジェクトの経験をもとに、安全かつ確実にシステムを移行します。

詳細を見る

カテゴリ

タグ

BeeX Technical Blogについてのお問い合わせ

BeeX Technical Blogのエントリにご質問が御座いましたらお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

☎ 03-6260-6240

受付時間 平日9:30〜18:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム