BeeX Technical Blog(1/4)AWS EC2でWindowsクラスタ検証:共有ストレージ検討編

本記事は下記の通り4回シリーズになっております。

(1/4)AWS EC2でWindowsクラスタ検証:共有ストレージ検討編 <-本記事
(2/4)AWS EC2でWindowsクラスタ検証:iSCSI共有ストレージ設定編
(3/4)AWS EC2でWindowsクラスタ検証:クラスタ構築編
(4/4)AWS EC2でWindowsクラスタ検証:動作確認編

エンタープライズのお客様では、Windowsをお使いの方が多いですが、Amazon Web Services (AWS)上でのWindows Failoverクラスタを構築した事例って意外と公開されていないですね。うまく見つけられなかったので、実際に構築してみることにしました。AWS上でFailoverクラスタを構築するにあたり、次のような制限があります。どのように動作するかを確かめています。

  • AWSのストレージ(EBS)は、仮想サーバ(EC2)間の共有ストレージとしてアクセスはサポートされていません。共有ストレージをどのように用意するか?
  • AWSのAvailability Zone間では、サブネットが異なるため、クラスタのサーバ間で同じ仮想IPアドレスを使用することができません。Windows Failoverクラスタでこの部分をどのようにサポートしているか?

共有ストレージの用意

まずは、AWS内で共有ストレージを用意します。AWSでは共有ストレージを用意していないので、用意する方法としては次のようなものがあります。

  • iSCSI方式

iSCSIサーバを用意し、iSCSIドライブを共有ストレージとして作成し、クラスタのサーバに向け公開する。iSCSIサーバであれば、Windows ServerもiSCSIサーバとすることもできます。その他SoftNAS社の製品でソフト的にNASを組む方法やZadora社で提供されているNASをそのまま使うという方法もあります。

  • ディスク間レプリケーション方式

各サーバにEBSを接続し、EBS間でディスクレプリケーションを行うことで、共有ストレージとして使用する。例えば、SIOS社DataKeeperなどの製品があります。Windows Server 2016からのストレージレプリカの機能を使用しても作成できそうです。

今回はSoftNAS社の製品を使用し、iSCSIドライブを共有ストレージとしています。

なぜ、SoftNAS

今回は、SoftNASという製品を使いました。AWSのEBSを束ねて、ソフトウェアでNAS機能を提供しています。SoftNASは、NASというだけあって、色々と優れた機能があり、面白そうなので、選択しています。例えば、次のようなものがあります。また、AWS上で無料トライアル期間があり、手軽に検証もできます。

  • iSCSIドライブ、CIFSドライブ、NFSドライブを用意できる。
  • CIFSでは、ADと連携できる。
  • 2台のSoftNASサーバ間でストレージのレプリケーションを行うことができる。
  • そのうえで、HA(High Availability)機能では、AWSのAZ間でのファイルオーバに対応している。

SoftNAS 可用性構成の説明

(SoftNAS社のHigh Availability Guideよりhttps://www.softnas.com/)

次回は、SoftNASを構成し、iSCSIの共有ドライブを作成していきます。

関連サービス:SAPシステム移行・環境構築サービス

SAPシステム移行・環境構築サービス

SAPを中心とした基幹システムをパブリッククラウド等最新のIaaS基盤に移行します。2016年3月設立の若い会社ですが、集まってきた精鋭コンサルタントが携わってきた数多くのプロジェクトの経験をもとに、安全かつ確実にシステムを移行します。

詳細を見る

BeeX Technical Blogについてのお問い合わせ

BeeX Technical Blogのエントリにご質問が御座いましたらお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

☎ 03-6214-2830

受付時間 平日9:30〜18:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム