基幹クラウド構築

基幹クラウド運用保守

Adobe Flash

Adobe FlashベースのSAP Javaシステム概要ページ

  • Java
  • sap

Adobe FlashベースのSAP Javaシステム概要ページ

目次

Adobe Flash Playerの終焉

長きにわたって使われてきたAdobe Flashが、2020年12月31日でサポート切れとなり、2021年1月12日よりコンテンツ表示ブロックがされるようになりました。
それに伴い、各種ブラウザでのFlash環境の動作ができなくなっております。

Adobeからのアナウンス

SAP Java環境においても、「システム概要」ページが、Adobe Flashベースで作成されており、対応をしていないとページ詳細が表示できない状態となります。
例えば、Solution ManagerやAdobe Document Service (ADS)など。

皆様の環境は、Adobe Flashベース表示からの切り替え対応は終了していますでしょうか。

未対応の場合は、このようにAdobe Flashと、「サポートは終了しました」という悲しいアナウンスが表示されます。

SAPでも下記SAP Note類でアナウンスをしております。

3013115 – Flash Player deprecated – when and where are the new implementations of Netweaver Administrator applications

2981308 – New implementation of Flash based NWA Applications

2985408 – New implementation of NWA System Overview (as of Jun/16/2021 パッチへのリンクあり)

2477654 – Deprecation of embedded flash content in browsers affecting System Overview in NWA

サーバだから、Adobe Flash関係ないと思っていたら、思わぬ落とし穴でした。

SAPサポートライフサイクルの関係から、NetWeaver Application Server Java 7.5のみのパッチ提供となっております。
皆様の環境は、どのようになっていますでしょうか。

今一度、ご確認の上、今後の対応方針の検討いただければ幸いです。

注:SAP Java環境においては、現在7.50以外のバージョンのサポートをしておりません。それ以前のバージョンは、延長サポートも切れている関係から、パッチの提供予定もないようです。
詳しくは、こちらのBlog記事を参照ください。
(サポート対象外:NetWeaver 7.0x, 7.1x, 7.2x, 7.3x, 7.40)

注:該当パッケージとサポートSPは、LM NWA BASIS APPS 7.50 SP18以降となります。

カテゴリー
タグ

この記事を書いたメンバー

Hiroko
エンタープライズアプリケーション本部 ビジネス開発担当
Hiroko

このメンバーの記事一覧

SAPシステムや基幹システムのクラウド移行・構築・保守、
DXに関してお気軽にご相談ください

03-6260-6240 (受付時間 平日9:30〜18:00)

  • TOP
  • ブログ
  • Adobe FlashベースのSAP Javaシステム概要ページ