社内はどんな雰囲気?働き方ってどう?

「社内はどんな雰囲気?働き方ってどう?」子育て両立編

「社内はどんな雰囲気?働き方ってどう?」子育て両立編

BeeX内はどんな雰囲気なのか、入社すると一体どんな働き方ができるのか?皆さんにさらに詳しくお伝えするため、今回社員3人による座談会を開催しました。彼らは中途入社組であり、子育て中のパパでもあります。募集要項だけではわからない生の声を、前・後編にわけて掲載します。

参加者

Bさん
30代 テクニカルコンサルタント(クラウド)
長男(3歳)/次男(1歳)
Eさん
30代 テクニカルコンサルタント(SAP BASIS)
長男(2歳)/もうすぐ2人目が生まれる予定
Xさん
30代 テクニカルコンサルタント(クラウド)
長男(2歳)/長女・次女(1カ月)

アウトプットで評価、柔軟性のある働き方が可能

働き方について、BeeXの特徴は何だと思いますか。

Eさん:企業によっては「裁量労働」の制度があっても実行しにくい場合がありますよね。でもBeeXではそれがしっかり根づいている気がします。

Bさん:たしかにそうですね。プロジェクトが始まるとメンバーでコミュニケーションを取りながら進めますが、基本的に週1回の内部定例会以外は集まることが少なくて、各自でタスクをこなしています。必要があるときツールや対面でミーティングをするくらいで。

Eさん:基本的にみんなきちんと仕事をしている前提で、労働の「時間」に拘束されない働き方が任されている。環境に縛られずに仕事ができる状態なので、それぞれお気に入りの場所で作業しているんじゃないですか。

Bさん:チャットツールでつながってさえいれば、必要なときに連絡が取れるので問題ないですよね。自律的に働こうと思う人たちの集まりだから、労務面の管理を厳しくしなくても常識を持って動けている。

Eさん:そもそも「出勤」という表現が違うかもしれません。仕事をしているか、していないか。タスクをこなしているか、こなしていないか。時間ではなく、仕事の仕方や効果などアウトプットで評価される働き方だと思います。

アウトプットで評価、柔軟性のある働き方が可能

3人とも、未就学のお子さんがいる共通点があります。子育てのしやすさではどうですか。

Bさん:私の場合、転職して大幅に改善されました。必ず出なければいけない時間が決められているわけではないので、子どもを保育園に送るために出社時間を9時半や10時など柔軟にずらせるのがありがたいです。

Eさん:うちは「子どもがダウンする前になるべく早く病院に連れていこう」と思っているんです。そのときは私が9時に病院に連れていき、1番か2番で診てもらったあとから出社します。あとは同じ時間に帰れば生活サイクルは元通りになるんで。

Xさん:子どもが本格的に病気になってしまったときはどうしてますか。私は「今日は病院に連れていきます」と連絡して休んだあと、純粋に看病の1日にして仕事をしないことも多いんですけど。

Eさん:実はうち、今年1月に転職してすぐの頃に家族全員がインフルエンザにかかっちゃったんですよ。

Xさん:えっ、そうだったんですか。

Eさん:子どもが保育園でもらってきたのが妻にうつって、自分もかかってしまった。数日みんなで休んだんですけど、後半は体が元気になってくるじゃないですか。そのとき在宅で仕事ができるのはいいなと思いました。本当に調子が悪いときは休んでましたけども。

Bさん:やっぱり小さい子どもがいる時期は子育てが生活の中で一番大きなミッションになります。どこでも作業できるぶん家や会社で細かくオンとオフを切り替えやすいかもしれないですね。

Xさん:そうですね。今は「手が空いたときに仕事ができる」という感覚があって、私も自分の生活に合わせて仕事を組み立てています。

長期休暇も柔軟に取りやすい環境ですか。

Bさん:有給休暇とは別に3日間のリフレッシュ休暇が設定されているので、それを合わせてお盆や正月に休むケースが多いんじゃないですか。

Eさん:私も正月とかお盆は普通に休みましたね。BASIS系の仕事が少なかったので今年のGWは9連休取りました。昔に比べると、業界でも長期休暇の時期にリプレイスするお客様は少なくなった気がします。

Eさん:今はシルバーウィークや月曜休みの3連休が増えたし、お客様も業務を長く停めたくない、お盆や正月に休みたいという気持ちもあって祝日前後がターゲットになっていたりする。

Bさん:たしかに長い休みを取りやすくなったと思います。完全オフ日を作りたいときは直前に集中してタスクを終わらせればよくて、みんな自分の予定に合わせて作業している。Xさんの休み方はどうですか。

Xさん:自分は車を持っていなくて、子どもを連れて旅行とかに行ったりしないのでまとめて休みを取ろうとあまり思わないかもしれないですね。個人的には平日にポツポツ休むペースが好きです。

Eさん:それもありですよね。

Bさん:私も今は長期の有給休暇を取っていないんですけど、今後、子どもが小学校に上がる前には海外旅行に行きたいと思ってるんですよ。もちろんお客様の案件の狭間という形にはなりますけど、平日を含めて大きめの休暇にしたい。

Xさん:仕事も、パソコンと家族の許しがあったらできちゃいそうですね。旅行先のビーチサイドでパソコンを開くのもかえって気分転換でいいかもしれない。

Bさん:そうですね。ロケーションに依存しないというのは、やっぱりBeeXがクラウド環境を前提にしているのが大きいですね。

Join our team !

BeeXの更なる発展を共に担い、チャレンジできる仲間を募集しています