ポストモダンERPとは

ポストモダンERPとは、ライフサイクルの長いERPのコア機能と、変化が激しい周辺アプリケーションをシステムごとの特性に合わせて選択し、クラウドを活用して組み合わせる新たなERPシステムのことです。

ポストモダンERPイメージ

ポストモダンERPのメリットと効果

メリット 効果
IT基盤のクラウド化
(SAP・周辺システム)
TCOの最適化 浮いたコストをさらに戦略的な案件に利用し、ビジネス上の競争優位性を確保
柔軟なIT基盤 システムの拡張性が高いため、ビジネスの要求スピードへの対応力向上
アプリケーション
プラットフォームの統一
I/F統一による
ユーザビリティ向上
使いやすいことで、よりユーザに利用されるアプリケーション
開発柔軟性の確保 アプリが容易に構築可能になり、ビジネスの要求スピードへの対応力向上
トータル
クラウド化
時代に対応できる
ITシステム環境の実現
時代を先取りしたツール(機械学習、IoT、BI等)導入のハードル低下

ポストモダンERPの進め方

ポストモダンERPへの第一歩は、SAP環境のクラウド移行から始まります。

レガシー:クラウド化前

STEP1:SAPのクラウド化

一番大変なSAP基幹システムを最初に移行してしまえば、様々な技術的な課題や懸念が一気に払拭され、その後が楽になります。

基幹システムがクラウド化した後に、周辺システムのオンプレミス継続は合理性が低い

STEP2:周辺システムのクラウド移行

SAP基幹システムがクラウドにあることで、煩雑なI/F系などの周辺システムの移行設計がシンプルになります。

インフラがクラウド化されても、ユーザーは従前通り複数システムのオペレーションが必要であり煩雑

STEP3:アプリケーションプラットフォームの統一化と最適配置

自社システムがクラウドにあることで、最新のSaaS,PaaS等との疎結合接続が容易に実現可能になります。クラウド連携やモバイル対応など最新技術のエッセンスを、短期間に低コストで自社システムに取り込むことで、ビジネス環境の変化に柔軟に対応できる「ポストモダンERP」環境が実現します。

ユーザーインターフェース統一によるユーザビリティ向上、マルチデバイス対応、レポーティングの柔軟性、開発生産性の向上

BeeXについてのお問い合わせ

貴社基幹システムのクラウド移行に関するご相談が御座いましたら迷わずご相談ください。
SAPのテクニカルコンサルタントが課題解決のご提案をさせて頂きます。

問い合わせフォームに進む