プレスリリース

クラウドセキュリティの管理実現へ 〜クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)によるセキュリティ診断及びSOCサービスの提供を開始

Check Point CloudGuardを活用した
マルチクラウド対応のセキュリティサービスをリリース

・背景
近年、多くの企業が取り組んでいるDX(デジタルトランスフォーメーション)ですが、実現させるためにはパブリッククラウドの活用が不可欠となっており、俊敏性や耐障害性、柔軟性など用途や環境に応じて複数のパブリッククラウドを使い分けるマルチクラウドの採用が進んでおります。その一方で、パブリッククラウドを導入した事でシステム環境を柔軟に構築、拡張、変更ができるようになると共に、クラウドを利用したシステムが個別に乱立するようになり、各々のシステム環境やセキュリティ設定などを統合的に管理、把握する事が難しくなるという課題が生じております。特に多くのインシデントは設定ミスが起因となっておりマルチクラウド環境における設定ミスを早期・定期的に確認することが重要となっています。このような課題を解決し、パブリッククラウドを安心・安全に使うためのアプローチ手段として「CSPM(Cloud Security Posture Management:クラウドセキュリティ状態管理)」が注目されております。BeeXはこのCSPMを活用したセキュリティ対策のサービスを新たなセキュリティソリューションとしてラインアップに追加します。お客様は本サービスをご利用いただくことで、すべてのクラウド環境を統一されたポリシーで一元的に管理する事が可能となり、IaaS、PaaSの設定不備によるシステムへの攻撃やセキュリティ事故の発生を抑止する事が可能となります。

 ・概要
今回新たに提供するサービスは、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ (以下、 Check Point社)のCloudGuard Posture Managementを活用し、システムを安全に構成するための構成基準およびベストプラクティスであるCISベンチマーク Level2に基づき  網羅性の高い設定レビューを実施し、クラウド環境での設定ミスによる情報漏洩の可能性やインシデント対応に必要な情報の欠落などを診断し、今後の是正策をご提案するサービスとなります。また、CISベンチマークに加えて、お客様個別の検査観点 (PCI DSS、FISC、NIST、ISMS等)を追加し、高度なセキュリティが求められる環境に対しても深堀する事が可能な診断もご用意しております。

 ・サービス内容
セキュリティ診断サービス
Check Point社のCloudGuard Posture Managementを利用したスポットによる診断サービス、および定期的に診断を行うサブスクリプション診断サービスを提供します。CloudGuard Posture Managementは各クラウドサービスとAPI連携を行うだけで監視が可能になり、マルチクラウド環境下においても容易にリソースの利用状況を可視化する事ができます。またクラウド全体のネットワーク構成や様々な設定を分析、設定の不備などによる脆弱性を検出するとともに、幅広いコンプライアンステンプレートを持ち合わせている為、コンプライアンスの維持・管理のための修正機能等で高品質なセキュリティを維持することが可能となります。特に随時アップデートされるクラウド環境における設定ミスの早期発見・リアルタイムの発見を行うことによりセキュリティリスクの低減に効果を発揮します。今回ご提供するセキュリティ診断はCISベンチマークに基づき、ネットワーク全体の構成やストレージ設定、暗号化設定など、各クラウドリソースへのアクセス権限やパラメータ設定を分析し、設定不備による脆弱性を検出するとともに是正策を提示します。この診断サービスを利用する事により、お客様のクラウド環境が、適切なセキュリティ設定で実施されているかを確認することが可能となり、サブスクリプション診断をご選択頂きますとセキュリティ診断を定期的に行い、BeeXPlusのMSPサービスとの組み合わせにより、長期に渡ったセキュリティ対策を講じる事が可能となります。

セキュリティ監視サービス(SOCサービス
スポットや定期的な診断サービスに加えて、24時間体制を含む監視等を実施するセキュリティ監視サービス(SOCサービス)を提供いたします。監視サービスの適用時に検出されるセキュリティリスクを精査し、お客様にとって運用の負荷となる過検知を減らし、お客様環境に合わせた監視設定の作成を行ったうえで、緊急度の高いアラートを解析後10分以内に、お客様担当者へセキュリティ専門家の見解と共に通知するとともに、月に一度、検知状況の把握にご利用いただける運用サービスに関するレポートをセキュリティ専門家による見解をご提示するとともにメールによる問合せ窓口もご提供いたします。セキュリティ監視サービス(SOC)におきましては、株式会社SHIFT(以下、 SHIFT社)との協業によりご提供いたします。SHIFT社が長年積み上げてきたセキュリティ知見をベースに高品質なサービスを提供いたします。

※詳しい資料をダウンロード
https://bit.ly/3vdNyRQ

 *1 診断サービスには追加でCheckPoint CloudGuard Posture Managementのライセンス費用は発生しません。
*2 サブスクリプション診断サービスを選択の場合は別途BeeXPlusのMSPサービス契約が必要となります。
*3 SOCサービスにおいて別途CheckPoint CloudGuard Posture Managementのライセンス契約が必要となります。

BeeXとの連携にあたり、SHIFT社、及びCheck Point社よりエンドースメントを頂いております。

 「この度、株式会社SHIFTは、クラウドライセンスと運用の一元的なサービス「BeeXPlus」を提供するBeeX様とこのような協業機会を得ることができ、大変光栄に思います。様々な業種・業態のお客様でクラウドシフトが加速する中、BeeX様のクラウド移行プロジェクト・運用に関するサービスと、SHIFTのセキュリティソリューションを組み合わせてご提供することにより、BeeX様のお客様にクラウドソリューションを安心にお使いいただくことをご支援し、多くのお客様のビジネスの成功に寄与されると確信しています。今後も、BeeX様とパートナーシップを強化しながら、さらに誰の手にもセキュリティが行き渡る社会の実現を目指してまいります。」
 
株式会社SHIFT 
サービス&テクノロジー本部 技術統括部 セキュリティサービス部長
森 日出雄

「チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、BeeX様による『CloudGuardを利用したマルチクラウド対応のセキュリティサービス』のリリースを心より歓迎いたします。Check Pointは25年以上にわたりセキュリティ業界を牽引し、世界各国の政府機関や企業など、あらゆる組織に対応するサイバーセキュリティソリューションを提供してまいりました。ニューノーマルな社会においてDXの必要性が強く求められる昨今、Check Pointのソリューションは、高まるクラウドセキュリティリスクへの対応策について、世界標準のコンプライアンスやベストプラクティスの適用をマルチクラウドで実現することにより、継続的な監査と環境維持を可能にします。BeeX様では、基幹クラウド基盤構築とシステム移行から運用保守といったクラウドを利用する上で必要となる各種関連サービスを取り揃えており、今回のセキュリティサービスが、マルチクラウドを活用するあらゆるお客様にとって安心で安全なDX推進に繋がるサービスになることを確信しております」

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 兼 日本地区担当ディレクター
青葉 雅和

 会社名:株式会社BeeX
所在地:東京都中央区銀座7-14-13 日土地銀座ビル10F
設立:2016 年3 月
代表者:代表取締役社長 広木 太
U R L: https://www.beex-inc.com/
事業内容:クラウド関連の運用・保守・管理事業及びソフトウェア開発
 
会社名:株式会社SHIFT
所在地:東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル
設立:2005年9月
代表者:代表取締役社長 丹下 大
URL:https://www.shiftinc.jp/
事業内容: ソフトウェアの品質保証、テスト事業
 
 会社名:チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
所在地:東京都港区虎ノ門1-2-8虎ノ門琴平タワー25F
設立:1997年10月
代表者:代表取締役社長 青葉 雅和
URL:https://www.checkpoint.com/jp
事業内容: Check Point社製品の国内販売代理店およびパートナーへの販売支援・技術支援


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社BeeX
ビジネス開発推進本部 塙(はなわ)
mail:beex-marketing@beex-inc.com



SAPシステムや基幹システムのクラウド移行・構築・保守、
DXに関して
お気軽にご相談ください

03-6260-6240 (受付時間 平日9:30〜18:00)

  • TOP
  • ニュース
  • クラウドセキュリティの管理実現へ 〜クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)によるセキュリティ診断及びSOCサービスの提供を開始