SAP担当

最上流から納品まで全体を学びたい。その意欲に応えてくれる人と環境がある。

最上流から納品まで全体を学びたい。その意欲に応えてくれる人と環境がある。

女性向け制度は柔軟に整えられる環境
構築だけでなく設計や運用も学べる

私は九州の大学を卒業した後、東京都内のシステム関連企業でSEになりました。配属されたのがSAP BASISを扱う部署だったので、10年間そこでSAPシステムの構築作業に従事しました。職場の先輩も親切でとても鍛えられたと思います。ただし、業務としては環境構築の作業が主で、それ以外の経験を積む機会に恵まれませんでした。今後さらにスキルを高めるためにも前後のプロセスを幅広く知りたい、そのためにまずは環境構築の上流にある設計やシステム導入後の運用に携わりたいと思ったのが1つ目の転職理由です。

2つ目の理由は結婚です。お客様先常駐が多い働き方は、今後ライフステージが変化したときにライフワークバランスの調整が難しくなります。子育てしながら働く先輩はいましたが、勤務形態としては「時短勤務」が中心となっており、しっかり仕事をしたい女性には不向きです。また、リモートやクラウドを利用した勤務が適用困難な環境のため、将来は自分のペースで仕事が続けられないかもしれない、と思い始めたのも大きな要因でした。

女性に関わる社内制度は、これから提案できる

転職活動では最初から「BeeXに入社したい」と考えていました。2016年にBeeXのメンバーと一緒に仕事をしたことがあり、そのときの皆さんのアクションが早く、提案が的確で非常にスマートに見えたからです。「一緒に働けたら楽しいだろうな」という印象が残っていて、社員の方から色々と話を聞きました。自分が広げたい領域の仕事が多く、家族を大事にする働き方が自然と取り入れられていることを知り、転職を決意しました。

面接では業務経歴書を準備して構築メインでキャリアを積んだことを話し、具体的な業務内容を聞いた記憶があります。出産や育児の制度についても尋ねたところ「例がまだないので、実際の働き方に合わせて整える」と言われたのがとても面白いと感じました。自分で提案して作っていけるのはこの企業規模だからかもしれません。実際に入社してみて、上司や社長との距離が近く気軽に相談しやすいですし、先輩社員がライフワークバランスを取りながら柔軟に働いている姿を日々見ていますので、今後についても特に心配することなく、業務に集中できています。

周囲のサポート力に助けられ、仕事が楽しい毎日

わからないことがあっても手を挙げれば誰かが必ず教えてくれます。その為、思い切って新しい技術や未経験の業務に挑戦することができます。私はクラウドなど初めて触る技術は教わりながら進める一方で、SAPについてなら知識があるので皆さんに伝えることができます。新しいことを覚えながら自分も会社に貢献している達成感があり、毎日楽しく仕事をしています。

今後の課題は発信力をつけることです。仕事ができる人は皆、技術について表現・伝達するスキルに長けているのだと転職して強く感じました。。先輩方は伝え方が上手ですし、誰もがシェアを厭わず、教えるのが大好きな人たちばかりです。このように、BeeXには教育環境も整っていますので、若い世代の方にも適している会社ではないかと思います。

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。

Join our team !

BeeXの更なる発展を共に担い、チャレンジできる仲間を募集しています